このページの本文へ移動

ETERNUSディスクアレイ「エコモード」とIBM Tivoli Storage Manager for Space Managementの連携検証完了

富士通株式会社は、ETERNUS ディスクアレイのMAID (Massive Array Idle Disks) 機能を応用した「エコモード」と、IBM社のIBM Tivoli Storage Manager for Space Management(以下、TSM HSMと称す) との連携検証を完了しました。

TSM HSMは、使用頻度の低いファイルをバックエンド側へ移動し、透過的にアクセス制御を行う階層ストレージ管理機能を提供しているソフトウェアです。

今回の検証では、バックエンド側に見立てたエコモード動作中(ディスクのディスク回転オフ時)のETERNUSディスクアレイへ、Windows環境とSolaris環境のTSM HSMクライアントファイルを移動させ、さらに、そのファイルをバックエンド側からリコールでき、透過的なアクセスができることも確認しました。

この階層ストレージ管理機能により、ストレージのトータルコストの低減とデータの使用効率の最適化を実現でき、さらに、ETERNUSのエコモードが電力消費と冷却にかかるコストを削減します。
グリーンIT対策の必要性が問われる今、今回の動作確認の結果は新しいグリーンITソリューションの一つとなります。

検証動作環境

ストレージ ETERNUS2000 モデル100
サーバ サーバ PRIMEPOWER 1500
OS Solaris™ 10 Operating System
ソフトウェア TSM v5.5
クライアント(Solaris) サーバ PRIMEPOWER 1500
OS Solaris™ 10 Operating System
ソフトウェア TSM HSM Client v5.5, TSM Backup/Archive client v5.5,
TSM API client v5.5,VERITAS File System 4.1
クライアント(Windows) サーバ IBM eServer xSeries 345
OS Windows Server® 2003, Enterprise Edition
ソフトウェア TSM HSM Client v5.5, TSM Backup/Archive client, v5.5,
TSM API client v5.5

掲載日:2008年8月29日