このページの本文へ移動

Brocade 7800 新登場

掲載日:2010年1月27日

既に提供しているマルチプロトコル・ルーティング機能を持つファイバチャネルスイッチ ETERNUS SN200 モデル450Mより、さらに機能・性能に優れたエクステンションスイッチ 「Brocade 7800」を販売開始しました。

Brocade 7800は、ファイバチャネル・ルーティング機能と呼ばれる「FCルーティング」と「FCIPトンネリング」の2つの機能をサポートし、8Gbit/sの速度を実現し、従来品と比べてスペックが向上しただけでなく、お求め安い価格になりました。

標準機能の「FCIPトンネリング」はETERNUSディスクアレイのエクステンデッド・リモート・アドバンスト・コピー機能と連携し、遠隔地にあるSAN同士をWANを介して接続することで遠隔地間でのデータバックアップ、データベースのミラーリングを実現します。
さらに、オプション機能である「FCルーティング」は、散在した複数のSANアイランドを相互に接続し、リソースの利用効率向上を実現します。

また、今回 Brocade DCX-4S/DCXに搭載することで、FCルーティング、FCIPトンネリングの機能を実現しますエクステンションブレードも同時に販売開始致します。

当社は今後も、お客様の求めるシステム要望に対応するため、ファイバチャネルスイッチのラインナップの実現を図っていきます。

Brocade seriesのラインナップ

主な機能

標準機能

  • スイッチを制御するオペレーティングシステム FabricOS(TM)
  • Webブラウザでの装置管理機能 Web Tools
  • ポートやWWNによるアクセス制御機能 Zoning
  • ディザスタリカバリーを実現するFCIPトンネリング

オプション機能(ソフトウェアライセンス)

ご紹介した製品

お問い合わせ