このページの本文へ移動

[ご参考資料]

2010年4月22日

富士通と日本オラクル、データベースの高速化ソリューションを確立
~ Database Smart Flash Cacheテクノロジーの活用で性能が最大2.4倍向上することを実証 ~

富士通株式会社(以下、富士通)と日本オラクル株式会社(以下、日本オラクル)は、データベースの高速化ソリューションを共同検証により確立しました。

近年、多くの業務がシステム化され、また、取り扱うデータ量は日々増大し、システムの性能劣化に対する課題は増えています。オンライン・トランザクション処理(以下、OLTP)においても、データベースサーバに搭載されるメモリ容量の限界により処理性能が制限されるケースがあります。
OLTP性能の低下を防止するためには、より多くのメモリを搭載できるサーバへ移行したり、ディスクアレイ上にデータを分散配置するためにHDDを追加する必要がありますが、性能拡張に高度なノウハウが必要となったり、費用面で負担が大きくなるなどの課題がありました。

今回の共同検証では、富士通のストレージシステムETERNUSに搭載されたSolid State Drive (以下、SSD)とUNIXサーバSPARC Enterpriseを組み合わせ、「Oracle Database 11g Release 2」の高速化技術「Database Smart Flash Cache」を適用し、動作及び性能検証を実施しました。

その結果、通常のHDDを使用した場合と比較して、OLTPにおいて、性能が最大2.4倍(注1)向上することを実証し、ETERNUSに搭載したSSDをデータベースの大容量キャッシュとして活用することで、大型のデータベースサーバへの変更を行うことなく、容易に性能向上が図れシステムコストの最適化を実現することができます。

(注1)検証結果の詳細につきましては、「ホワイトペーパー」をご覧ください。

ホワイトペーパー

検証システム概要

データベース・サーバ

SPARC Enterprise M3000を2台使用し、2ノードのOracle Real Application ClustersをOracle Database 11g Release 2 Enterprise Editionで構成しています。

モデル 富士通 SPARC Enterprise M3000
CPU SPARC 64 Ⅶ 2.75GHz(4コア、8スレッド)
メモリ 32GB
OS Solaris 10 Operating System(Generic_141444-09)
データベース Oracle Database 11g Release 2 Enterprise Edition
Oracle Real Application Clusters

ストレージ

SSDを搭載したETERNUS DX80とHDDを搭載したETERNUS DX80の2台を使用し比較検証しています。

SSD搭載機

モデル 富士通 ETERNUS DX80
ディスクドライブ SSD 100GB x 8
HDD 300GB(15,000rpm)SASディスクドライブ x 2

HDD搭載機

モデル 富士通 ETERNUS DX80
ディスクドライブ HDD 300GB(15,000rpm)SASディスクドライブ x 24
(拡張ドライブエンクロージャ x 1)

データベース・クライアント

ブレードサーバ BX620 S5を2ブレード使用して業務アプリケーションを実行しています。

モデル 富士通 PRIMERGY BX620 S5
CPU インテル Xeon プロセッサー X5570 2.93GHz(4コア)x 2
メモリ 24GB
OS Red Hat Enterprise Linux Server Release 5.3(Tikanga)

ストレージ管理クライアント

モデル 富士通 PRIMERGY RX300 S3
CPU インテル Xeon 5160 プロセッサー 3.00GHz(2コア)
メモリ 3GB
OS Microsoft Windows Server 2003 R2
ストレージ管理ソフトウェア ETERNUS SF Storage Cruiser 14.1
ETERNUS SF AdvancedCopy Manager 14.1

検証項目

  • OLTP系アプリケーションの性能比較検証
    • SSDをHDDの代替として使用した場合の性能検証
    • Database Smart Flash Cacheを使用した場合の性能検証
  • Oracle ORIONによるHDDおよびSSDのI/O性能検証

検証場所

SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター」で実施。 なお、本検証は、2010年3月に両社で設立した本センターにおける最初の検証結果になります。

関連情報

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。