このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. ストレージ >
  4. ETERNUS >
  5. ニュース >
  6. トピックス >
  7. エントリークラスでリモートコピーをサポートした ETERNUS DX90 新発売
さらなる進化を遂げたエントリーディスクアレイ

エントリークラスでリモートコピーをサポートした
ETERNUS DX90 新発売

掲載日:2010年1月27日

「情報」という重要な経営資源を蓄積し活用されるストレージシステムは、事業継続に欠かせないIT基盤です。コンプライアンスやグローバルなビジネス展開、CSR(Corporate Social Responsibility)のためにも事業継続は求められます。

富士通は、低価格ながら高い拡張性と信頼性、処理能力を備えた ETERNUS DX60/DX80の機能強化に加え、事業継続性の強化に欠かせない災害対策環境の構築を支援するクラス最上位モデルETERNUS DX90を新たにラインナップ、販売を開始しました。

それでは、さらなる進化を遂げたエントリーディスクアレイ ETERNUS DX60/DX80/DX90についてご紹介します。

ETERNUS DX60 3.5インチドライブ対応, 2.5インチドライブ対応 ディスク容量(*1):最大24TB ホスト・インターフェース:ファイバチャネル(最大4Gbit/s) iSCSI, SAS(*2) ホスト・インターフェース数:2, 4ETERNUS DX80 3.5インチドライブ対応, 2.5インチドライブ対応 ディスク容量(*1):最大120TB ホスト・インターフェイス:ファイバチャネル(最大8,4Gbit/s) iSCSI, SAS(*2) ホスト・インターフェース数:2, 4ETERNUS DX90 3.5インチドライブ対応, 2.5インチドライブ対応 ディスク容量(*1):最大120TB ホスト・インターフェース:ファイバチャネル(最大8Gbit/s) ホスト・インターフェース数:8 リモート・アドバンスト・コピー機能(REC)サポート*1)本容量は1Kbyte=1,000Byteとして計算した物理容量値(ホットスペアディスク含む)です。 *2)2.5インチドライブ対応エンクロージャのホスト・インターフェースはファイバチャネルのみサポート 注)掲載写真は各ドライブタイプ対応エンクロージャ最大構成時です

災害対策環境の構築を支援

ETERNUS DX90は、ミッドレンジ/エンタープライズクラスで提供していた装置間ボリュームコピーの「リモート・アドバンスト・コピー機能(オプション)」をサポートしました。
「リモート・アドバンスト・コピー機能」はETERNUS SF AdvancedCopy Managerと連携して、ETERNUS DX90間でのボリュームコピーを実現します。 災害などによりメインサイトのディスクアレイが危険な状態であってもバックアップセンターでデータ保全を実現でき、ビジネスを円滑に遂行できる仕組みを提供します。コピー方式は同期コピー(注1)と非同期コピー(注2)を選択可能です。
また、装置間のデータ転送には高速性・高信頼性を活かしたファイバチャネルを使用して、最大10kmまで離れたメインサイトとバックアップセンター間でのコピーが可能です。さらに、FCIPトンネリング機能(注3)をサポートしたファイバチャネルスイッチを使用することで、広域回線(WAN)を使用することができます。この構成により数100km離れた場所にコピーデータを置くことができ、エントリークラスでありながら、地域災害の被害からもデータを守るシステムの構築が可能になります。

バックアップ運用を高速コピー機能で支援

ETERNUS DX60/DX80/DX90はサーバのCPUを使用せずにD2Dのデータ複製を可能にする「アドバンスト・コピー機能」をサポートしています。アドバンスト・コピー機能にはコピー作成の仕組みに応じて、「二重化切り離し方式」、「バックグラウンド・コピー方式」、「コピー・オン・ライト方式」に分類され、それぞれ、「Equivalent Copy: EC」、「One Point Copy:OPC」、「SnapOPC+」という機能名称を持ちます。
ECは、同期・非同期技術を使用してシステム内でボリューム複製の作成、停止、再開を行う機能です。OPCはボリュームのフルコピーを行います。原本データの全体をコピーするため、複数世代のデータの全面バックアップが可能です。SnapOPC+は更新前のデータのみコピーする機能です。これにより、コピー先ディスクの容量を節約することができます。
アドバンスト・コピー機能のSnapOPC+ではGUI/CLIを使用したスナップショットが、標準で8セッションまで無償で使用でき、機能を体感することで運用計画に役立てることができます。なお、ライセンス購入後はETERNUS DX60では512、ETERNUS DX80/DX90では1,024セッションまで使用することができます。

最先端のドライブを採用し、グリーン化も支援

ETERNUS DX60/DX80/DX90では大容量な600GB 3.5インチオンラインディスクドライブと、小型、省電力な2.5インチのディスクドライブ(注4)を新たにサポートしました。この2.5インチのディスクドライブは高さ2Uのエンクロージャに最大24台まで搭載することができます。これにより3.5インチのディスクドライブ構成と比べ、約50%(注5)の省スペース・省電力化を実現しました。
また、ETERNUS DX60/DX80/DX90は、ビジネスクリティカルなデータ保存に最適な高信頼、高性能SASディスクドライブ、バックアップやアーカイブ用途に適した大容量、低価格なニアラインSASディスクドライブを同一ドライブエンクロージャに混在することが出来ます。さらに、ETERNUS DX80/DX90はエンタープライズクラスの性能を持つSSD(Solid State Drive)をサポートし、さまざまな形でのデータマネジメントが可能です。これによりデータをサービスレベルに応じて最適な媒体に格納し、コスト、スピード、アクセス時間、寿命および使用の容易さなどの要求に的確に応えることができます。SSDは、性能/電力比率が非常に高いため、性能あたりの電力消費量が低く、データセンターではスペースだけでなく電力消費量も削減できます。

最高レベルの信頼性を提供

ETERNUS DX60/DX80/DX90は、堅牢性が高く、電源、ファンおよびRAIDコントローラーなどの主要なコンポーネントは冗長化され、万が一の障害時も継続運転が可能で、システムをとめることなく活性交換が可能です。
キャッシュを二重化することで、キャッシュ上のデータをミラーリングするため、万が一、片方のキャッシュが故障した場合にもデータは保護されます。また、ディスクを診断し、故障の予兆監視を行ないます。予防交換が必要になったディスク上のデータは、ホットスペアディスクに自動的にコピーされ、安定稼動を実現します。
さらに、格納されている全データにチェックコードを付与し、データの伝送経路における複数のチェックポイントでデータの整合性を確認することで、信頼性を高めています。

このように、ETERNUS DX60/DX80/DX90は、データの増大、コスト削減、環境への配慮といった企業システムの抱える様々な問題により柔軟に対応し、最高レベルの信頼性を提供します。

ETERNUS DX60/DX80/DX90の主な特長・機能

  • ホストインターフェースはファイバチャネル、iSCSI、SASの3タイプをサポート(DX60/DX80の2.5インチドライブ対応エンクロージャおよびDX90はファイバチャネルのみ)
  • ドライブエンクロージャにドライブを最大120台まで搭載可能。(DX60は24本)
  • 活性交換、活性増設に対応したコンポーネントを冗長構成し、高い堅牢性を備える。
  • 異なるタイプのディスクドライブを組み合わせて様々なサービスレベルを実現。
  • RAIDマイグレーション機能によりオンラインでのデータ移行が可能。
  • ディスク回転を停止することによりエネルギー消費効率を向上させるエコモードをサポート。
  • リダンダント・コピー機能でディスク故障を未然に防止。
  • データ暗号化機能でデータの安全性を確保。
  • データ・ブロックガードでデータの整合性を保証。
  • 停電時でもバッテリー不要のキャッシュ・プロテクターでデータを保護。
  • 最大8Gbit/sの高速データ転送。(DX60では4Gbit/sのみ、DX80は4Gbit/sも選択可)
  • 導入、設定、運用、保守が簡単。
  • 最大で1,024セッションまでスナップショットを取得できるアドバンスト・コピー機能をバックアップ環境で利用可能。(DX60では512セッション)
  • 様々な種類のホストOS、サーバ、ネットワークインフラおよびバックアップソリューションを幅広くサポートし、簡単に連携可能。

(注1) 同期コピー: コピー元の更新は即座にコピー先へ反映される。(コピー元へのWrite命令の完了応答時にコピー先の更新は完了)
(注2) 非同期コピー: コピー元の更新は、コピー元へのWrite命令の完了応答後にコピー先へ反映され、WANでの転送遅延の影響を受けない。また、WANでの転送遅延でデータ転送順が乱れた場合やコピー先の更新順序が乱れた場合でも、コピー先の更新順序性を保つように制御されている。
(注3) FCIPトンネリング機能は、遠隔地にあるSAN同士をWANを介して接続することができるようにしたファイバチャネルスイッチが持つ機能(Brocade 7800ETERNUS SN200 モデル450M参照)。FCIPトンネリング機能をサポートしていないファイバチャネルスイッチを利用する際には、コンバーターが必要になります。
(注4) ETERNUS DX90は2010年度第1四半期に、2.5インチサイズのSASディスクドライブとSSDの提供を予定。
(注5) 120台の300GB(10,000rpm) 2.5インチ ディスクドライブと120本の600GB(15,000rpm)3.5インチディスクドライブ搭載時における当社比(DX80最大構成相当)

ご紹介した製品

関連製品

関連情報

お問い合わせ