このページの本文へ移動
NEXT STAGE。富士通ストレージの更なる「進化」を開発者が語る。

高性能・大容量のストレージシステム開発に向けた富士通の取り組み

ハイエンドモデルETERNUS8000、最大ディスク容量1,365テラバイト。ディスク数は、なんと2,760ドライブ、世界最大規模のディスクアレイである。この世界トップクラスの性能を誇り、セキュリティも強化したETERNUSディスクアレイ、高性能・大容量のストレージシステム開発に向けた富士通の取り組みをご紹介します。

更なる「進化」を開発者が語る

1. 開発の理由
  • 企業改革法へ対応したシステム構築
  • スケーラビリティ、ビジネスの継続性
2. 高速化を実現する「基盤技術」
  • 世界最大構成を実現する為に
  • 問題解決の糸口は回路設計に

3. あらゆる動作をシミュレート
  • 徹底的な信頼性の追及
  • 極限まで高められた信頼性
4. 信頼と安心の「新機能」
  • お客様の満足のために
  • 顧客ニーズに応じた信頼と安心の新機能

新たなビジネスリスクを支える高信頼・高性能のディスクアレイ製品ラインナップ

目次

製品ラインナップ