このページの本文へ移動

今までに発表した製品
ETERNUS LT130 テープライブラリ

本ページで紹介している情報は、2007年3月30日更新のものです。本製品は、2007年3月に販売終息しました。なお、本製品の後継製品は、ETERNUS LT230 テープライブラリとなります。

ETERNUS LT130 テープライブラリ
高性能・大容量
  • LTO Ultrium3 対応のテープドライブを採用
  • カートリッジテープを最大60巻まで搭載可能
高信頼
  • テープの巻き取りを安定化するテープスレッド機構
  • 万が一の故障時にもドライブの交換が可能なホットスワップ機能
セキュリティの強化
  • テープ暗号化装置により、カートリッジテープ単位でデータを暗号化
  • LTO Ultrium3 テープドライブはWORM[注1]機能に対応
容易な運用管理
  • オンライン中でもカートリッジの出し入れ可能 メールスロット機能

販売状況/保守サービスはこちら

ETERNUS LT130 ラインナップ

ラックマウントモデル ラックマウントモデル[2台連結時] スタンドアロンモデル オプション製品:テープ暗号化装置

主な仕様

形態 ラックマウント スタンドアロン
収納巻数 最大60 30
バックアップ容量 Ultrium1 (非圧縮) 最大6.0TB 3.0TB
Ultrium2 (非圧縮) 最大12.0TB 6.0TB
Ultrium3 (非圧縮) 最大24.0TB 12.0TB
搭載コンポーネント テープドライブ LTO Ultrium2
LTO Ultrium3
LTO Ultrium2
LTO Ultrium3
ロボット数 最大2 1
テープドライブ数 最大4 1 or 2
ホストインターフェース Ultra160 SCSI, ファイバチャネル(最大2Gbit/s)
オプション製品 テープ暗号化装置
サポートサーバ 基幹IAサーバ、各社UNIX/PCサーバ
仕様詳細 ETERNUS LT130 仕様詳細

[注1] Write Once Read Manyの略。一度書き込まれたデータを変更しない追記型構造

特長・機能 | 今までに発表した製品 | 製品変遷 | サポートサーバ/OS | 使用可能なカートリッジテープ | テープ暗号化装置の仕様・諸元 | 詳細写真

注意事項

関連情報