エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

ONTAP System ManagerとBlueXPの統合

ONTAP 9.12.1以降では、ONTAP System ManagerはBlueXPに完全に統合されています。BlueXPでは、使い慣れたONTAP System Managerのダッシュボードを維持しつつ、ハイブリッド マルチクラウド インフラを単一のコントロール プレーンから管理することができます。

BlueXPでは、クラウド ストレージ(Cloud Volumes ONTAPなど)の作成と管理、データ サービス(Cloud Backupなど)の使用、多数のオンプレミス ストレージ デバイスやエッジ ストレージ デバイスの制御を行うことができます。

BlueXPでONTAP System Managerを使用するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Webブラウザーを開き、クラスタ管理ネットワーク インターフェイスのIPアドレスを入力します。

    クラスタがBlueXPに接続されている場合は、ログイン プロンプトが表示されます。

  2. [Continue to BlueXP]をクリックして、BlueXPへのリンクをクリックします。

    システム設定で外部ネットワークをブロックしている場合は、BlueXPにアクセスできません。 BlueXPを使用してONTAP System Managerにアクセスするには、「cloudmanager.cloud.fujitsu.com」というアドレスにシステムがアクセスできるようにする必要があります。 それ以外の方法としては、ONTAPシステムにインストールされているバージョンのONTAP System Managerを、プロンプトで使用できます。
  3. BlueXPのログイン ページで、[Log in with your Fujitsu Support Site Credentials]を選択してクレデンシャルを入力します。

    BlueXPをすでに使用していて、Eメール アドレスとパスワードでログインしている場合は、そのログイン オプションを引き続き使用する必要があります。

  4. メッセージが表示されたら、新しいBlueXPアカウントの名前を入力します。

    ほとんどの場合、クラスタのデータに基づいてアカウントが自動的に作成されます。

  5. クラスタ管理者のクレデンシャルを入力します。

結果

ONTAP System Managerが表示され、BlueXPからクラスタを管理することができます。

BlueXPからのクラスタの直接検出

BlueXPでは、次の2つの方法でクラスタを検出および管理できます。

  • ONTAP System Managerを使用して直接検出し、管理する

    この検出オプションでは、前のセクションと同じリダイレクトリンクを使用します。

  • コネクタを使用して検出する

    コネクタはお使いの環境にインストールされているソフトウェアで、ONTAP System Managerから管理機能にアクセスできるほか、データ レプリケーション、バックアップとリカバリー、データ分類、データ階層化などの機能を提供するBlueXPクラウド サービスにもアクセスできます。

Top of Page