エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

リバート前に重複排除機能が有効なボリュームに十分な空きスペースがあることを確認する

ONTAP 9のいずれかのバージョンからリバートする前に、リバート処理に使用する十分な空きスペースがボリュームにあることを確認する必要があります。

ボリュームには、ゼロのブロックのインライン検出によって達成された節約に対応するための十分な領域が必要です。

リバートするボリュームで重複排除とデータ圧縮の両方を有効にしている場合は、先にデータ圧縮をリバートしてから重複排除をリバートする必要があります。

  1. volume efficiency showコマンドに-fieldsオプションを指定して、ボリュームで実行されている効率化処理の進捗状況を表示します。

    次のコマンドは、効率化処理の進捗状況を表示します。volume efficiency show -fields vserver,volume,progress

  2. volume efficiency stopコマンドに-allオプションを指定して、アクティブな重複排除処理とキューに登録されている重複排除処理をすべて中止します。

    次のコマンドは、ボリュームVolAのアクティブな重複排除処理とキューに登録されている重複排除処理をすべて中止します。volume efficiency stop -vserver vs1 -volume VolA -all

  3. set -privilege advancedコマンドを使用して、advanced権限レベルでログインします。

  4. volume efficiency revert-toコマンドに-versionオプションを指定して、ボリュームの効率化メタデータをONTAPの特定のバージョンにダウングレードします。

    次のコマンドは、ボリュームVolAの効率化メタデータをONTAP 9.xにリバートします。volume efficiency revert-to -vserver vs1 -volume VolA -version 9.x

    volume efficiency revert-toコマンドは、このコマンドを実行するノードにあるボリュームをリバートします。ノード間でのボリュームのリバートは行いません。
  5. volume efficiency showコマンドに-op-statusオプションを指定して、ダウングレードの進捗状況を監視します。

    次のコマンドは、ダウングレードのステータスを監視および表示します。volume efficiency show -vserver vs1 -op-status Downgrading

  6. リバートに失敗した場合は、volume efficiency showコマンドに-instanceオプションを指定して、リバートに失敗した理由を確認します。

    次のコマンドは、すべてのフィールドに関する詳細情報を表示します。volume efficiency show -vserver vs1 -volume vol1 - instance

  7. リバート処理が完了したら、admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin

Top of Page