ONTAP 9.13

CLIを使用したSMBの設定 - 概要

ONTAP 9のCLIコマンドを使用して、新規または既存のSVMの新しいボリュームまたはqtreeに格納されているファイルへのSMBクライアント アクセスを設定することができます。

SMB(サーバー メッセージ ブロック)は、Common Internet File System(CIFS)プロトコルの最新のダイアレクトです。ONTAPコマンドライン インターフェイス(CLI)およびOnCommand管理ツールでは、CIFS がまだ使用されています。

ここで説明する手順は、ボリュームまたはqtreeへのSMBアクセスを設定する場合に使用します。想定している状況は次のとおりです。

  • SMBのバージョン2以降を使用する必要がある。

  • NFSクライアントではなく、SMBクライアントのみを対象とする(マルチプロトコル構成ではない)。

  • 新しいボリュームをNTFSファイル権限を使用して保護する。

  • SVM管理者権限ではなくクラスタ管理者権限を保有している。

    SVMとLIFを作成するにはクラスタ管理者権限が必要です。その他のSMB構成タスクには、SVM管理者権限で十分です。

  • ONTAP System Managerや自動スクリプト ツールではなく、CLIを使用する必要がある。

    ONTAP System Managerを使用してNASマルチプロトコル アクセスを設定する場合は、「NFSとSMBの両方を使用したWindowsおよびLinux用のNASストレージのプロビジョニング」を参照してください。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

    コマンド構文の詳細については、CLIヘルプおよびONTAPのマニュアル ページを参照してください。

ONTAPでのSMBプロトコルの機能について詳しくは、SMBリファレンス - 概要を参照してください。

ONTAPでこの処理を行うその他の方法

タスクを実行するツール

参照先

新しいONTAP System Manager(ONTAP 9.7以降で使用可能)

SMBを使用したWindowsサーバー用のNASストレージのプロビジョニング

Top of Page