エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

NFSとSMBの両方を使用したWindowsおよびLinux用のNASストレージのプロビジョニング

NFSまたはSMBプロトコルを使用して、クライアント用のストレージを提供するボリュームを作成します。

この手順では、NFSとSMBの両方のプロトコルが有効な既存のStorage VMに新しいボリュームを作成します。

NFSとSMBの両方を使用してWindowsおよびLinux用のNASストレージをプロビジョニングするタスクのワークフロー図

FlexVolを作成することも、高パフォーマンスが求められる大規模なファイルシステムの場合はFlexGroupボリュームを作成することもできます。 「FlexGroupボリュームを使用した大規模ファイルシステム用NASストレージのプロビジョニング」も参照してください。

手順
  1. NFSとSMBの両方が有効なStorage VMに新しいボリュームを追加します。

    1. [ストレージ] > [ボリューム]をクリックし、[追加]をクリックします。

    2. 名前を入力し、Storage VMを選択してサイズを入力します。NFSとSMBの両方のプロトコルが設定されているStorage VMだけが表示されます。NFSプロトコルとSMBプロトコルが設定されているStorage VMが1つしかない場合、[Storage VM]フィールドは表示されません。

    3. [その他のオプション]をクリックし、[NFSでエクスポート]を選択します。

      デフォルトの設定では、すべてのユーザーにフル アクセスが付与されます。あとでエクスポート ポリシーにルールを追加してアクセスを制限できます。

    4. [Share via SMB]を選択します。

      デフォルトのアクセス制御リスト(ACL)で共有が作成され、Everyoneグループに「フル コントロール」権限が許可されます。あとでACLに制限を追加できます。

    5. この時点で[保存]をクリックすると、システムのデフォルト設定を使用してFlexVolが作成および追加されます。

    または、許可、サービス品質、データ保護などのサービスを必要に応じて有効にすることもできます。「ボリューム設定のカスタマイズ」を参照し、ここに戻って次の手順を実行してください。

  2. Linuxクライアントで、エクスポートにアクセスできることを確認します。

    1. Storage VMのネットワーク インターフェイスを使用して、ボリュームを作成してマウントします。

    2. 新しくマウントしたドライブで、テスト ファイルを作成し、テキストを書き込めることを確認したら削除します。

  3. Windowsクライアントで、次の手順を実行して共有にアクセスできることを確認します。

    1. エクスプローラーで、次の形式で共有にドライブをマッピングします。

      \\SMB_Server_Name\Share_Name

    2. 新しく作成したドライブで、テスト ファイルを作成し、テキストを書き込めることを確認したら削除します。

    アクセスの検証が完了したら、ボリュームのエクスポート ポリシーや共有ACLでクライアント アクセスを制限したり、エクスポートおよび共有したボリュームに所有権や権限を設定したりできます。

ボリューム設定のカスタマイズ

ボリュームを追加するときに、システムのデフォルト設定を使用しないでボリューム設定をカスタマイズすることができます。

手順

[その他のオプション]をクリックし、必要な機能を選択して希望する値を入力します。

  • リモート ボリュームのキャッシュ。

  • パフォーマンス サービス レベル(サービス品質、QoS)。

    ONTAP 9.8以降では、デフォルト値以外のカスタムQoSポリシーを指定したり、QoSを無効にしたりできます。

    • QoSを無効にするには、[カスタム][既存][none]の順に選択します。

    • [カスタム]を選択して既存のサービス レベルを指定すると、ローカル階層が自動的に選択されます。

    • ONTAP 9.9.1以降では、カスタム パフォーマンス サービス レベルを作成する場合、作成するボリュームを配置するローカル階層をONTAP System Managerから手動で選択できます([手動配置])。

      このオプションは、リモート キャッシュまたはFlexGroupボリュームのオプションを選択した場合は使用できません。

  • FlexGroupボリューム([ボリュームデータをクラスタ全体に分散]を選択)。

    このオプションは、[パフォーマンスサービスレベル][手動配置]を選択した場合は使用できません。 選択していない場合、追加するボリュームはデフォルトでFlexVolになります。

  • ボリュームに設定されるプロトコルのアクセス権限。

  • SnapMirrorによるデータ保護(ローカルまたはリモート)。オプションを選択したあと、プルダウン リストからデスティネーション クラスタの保護ポリシーと設定を指定します。

  • [保存]をクリックしてボリュームを作成し、クラスタとStorage VMに追加します。

ボリュームを保存したら、手順2に戻って、WindowsおよびLinuxサーバーのマルチプロトコルのプロビジョニングを実行します。

ONTAPでこの処理を行うその他の方法

Top of Page