エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

適切なアップグレード方法の確認

ONTAP System Managerを使用して、ONTAPソフトウェアの自動アップグレードを実行できます。または、ONTAPのコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、自動アップグレードまたは手動アップグレードを実行することもできます。ONTAPをアップグレードする方法は、構成、現在のONTAPのバージョン、およびクラスタ内のノード数によって異なります。富士通では、別のアプローチが必要な構成でないかぎり、ONTAP System Managerを使用して自動アップグレードを実行することを推奨しています。たとえば、ONTAP 9.7以降を実行している4ノードのMetroCluster構成では、ONTAP System Managerを使用して自動アップグレード(自動無停止アップグレードまたはANDUと呼ばれることもあります)を実行する必要があります。

アップグレードは、ローリング アップグレード プロセスまたはバッチ アップグレード プロセスを使用して実行できます。どちらも無停止で実行できます。

ONTAPローリング アップグレード

ローリング アップグレード プロセスでは、ノードを1つずつオフラインにしてノードのストレージをパートナーにフェイルオーバーし、その間にアップグレードを実行します。一方のノードのアップグレードが完了したら、パートナー ノードから元の所有者ノードに制御を戻し、パートナー ノードで同じ処理を行います。HAペアのそれぞれについて、すべてのHAペアがターゲット リリースに切り替わるまで順番にアップグレードを行います。8ノード未満のクラスタでは、ローリング アップグレード プロセスがデフォルトです。

ONTAPバッチ アップグレード

バッチ アップグレード プロセスでは、それぞれ複数のHAペアを含む複数のバッチにクラスタを分けて更新します。最初のバッチで各HAペアの片方のノードをアップグレードし、続いてそれぞれのHAパートナーをアップグレードします。その後、残りのバッチで同じ処理を順番に繰り返します。8ノード以上のクラスタでは、バッチ アップグレード プロセスがデフォルトです。

自動アップグレードでは、ONTAPによってターゲットのONTAPイメージが各ノードに自動的にインストールされ、クラスタのコンポーネントが検証されてクラスタを無停止でアップグレードできることが確認されてから、ノードの数に基づいて、バッチ アップグレードかローリング アップグレードがバックグラウンドで実行されます。手動アップグレードでは、管理者がクラスタ内の各ノードをアップグレードする準備ができていることを手動で確認してから、ローリング アップグレードの手順を実行します。

各構成で推奨されるONTAPのアップグレード方法

各構成でサポートされているアップグレード方法を、推奨される順番に記載しています。

Configuration ONTAPのバージョン ノード数 推奨されるアップグレード方法

Standard

9.7以降

1つ、2つ以上

MetroCluster

9.7以降

2、4、8

構成に関係なく、すべてのパッチ アップグレードでONTAP System Managerを使用したANDUが推奨されます。

停止を伴う手動アップグレードは、どの構成でも実行できます。 ただし、停止を伴うアップグレードを実行するには、アップグレード中にクラスタをオフラインにする必要があります。SAN環境を使用している場合は、停止を伴うアップグレードを実行する前に、すべてのSANクライアントをシャットダウンまたは一時停止できるよう準備してください。停止を伴うアップグレードはONTAP CLIを使用して実行します。
Top of Page