エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

SVMのデータ移動 - 概要

ONTAP 9.10.1以降では、クラスタ管理者がSVMをソース クラスタからデスティネーション クラスタに無停止で再配置して、容量の管理や負荷分散を実行したり、ONTAP CLIを使用して機器のアップグレードやデータセンターの統合を実施したりすることができます。

この無停止のSVM再配置機能は、ONTAP 9.10.1および9.11.1のETERNUS AX seriesでサポートされます。ONTAP 9.12.1以降では、ETERNUS HX seriesおよびETERNUS AX seriesとハイブリッド アグリゲートの両方でこの機能がサポートされます。

SVMの名前とUUIDは移行後も変わらず、データLIF名、IPアドレス、オブジェクト名(ボリューム名など)もそのままです。SVM内のオブジェクトのUUIDは変わります。

SVMの移行ワークフロー

次の図は、SVM移行の一般的なワークフローを示しています。SVMの移行は、デスティネーションクラスタから開始します。移行の進捗は、移行元または移行先のどちらからでも監視できます。カットオーバーは手動または自動で実行できます。デフォルトでは自動カットオーバーが実行されます。

SVM 移行ワークフロー

SVM移行プラットフォームのサポート

コントローラー ファミリー

サポートされるONTAPバージョン

ETERNUS AX series

ONTAP 9.10.1以降

ETERNUS AC series

ONTAP 9.12.1パッチ4以降

ETERNUS HX series

ONTAP 9.12.1以降

ETERNUS AXクラスタからハイブリッド アグリゲートを使用するETERNUS HXクラスタに移行する場合、ボリュームの自動配置で類似アグリゲートの照合が試行されます。たとえば、ソース クラスタにボリュームが60個ある場合、ボリュームの配置では、デスティネーションにあってそれらのボリュームを配置できるETERNUS AXアグリゲートが検索されます。ETERNUS AXアグリゲートに十分なスペースがない場合、ボリュームはフラッシュ ディスク以外のアグリゲートに配置されます。

ONTAPバージョン別の拡張性サポート

ONTAPバージョン

ソースとデスティネーションのHAペア

ONTAP 9.14.1

12

ONTAP 9.13.1

6

ONTAP 9.11.1

3

ONTAP 9.10.1以降

1

ソース クラスタとデスティネーション クラスタ間のTCPラウンド トリップ タイム(RTT)に関するネットワーク インフラのパフォーマンス要件

クラスタにインストールされているONTAPバージョンに応じて、ソース クラスタとデスティネーション クラスタを接続するネットワークの最大ラウンド トリップ タイムを次に示します。

ONTAPバージョン

最大RTT

ONTAP 9.12.1以降

10ms

ONTAP 9.11.1以前

2ms

SVMあたりの最大サポートボリューム数

ソース

デスティネーション

ONTAP 9.14.1

ONTAP 9.13.1

ONTAP 9.12.1

ONTAP 9.11.1以前

ETERNUS AX series

ETERNUS AX series

400

200

100

100

ETERNUS HX series

ETERNUS HX series

80

80

80

N/A

ETERNUS HX series

ETERNUS AX series

80

80

80

N/A

ETERNUS AX series

ETERNUS HX series

80

80

80

N/A

前提条件

SVMの移行を開始する前に、次の前提条件を満たす必要があります。

  • クラスタ管理者である必要があります。

  • ソース クラスタとデスティネーション クラスタ間にピア関係が設定されている

  • ソース クラスタとデスティネーション クラスタにSnapMirror Synchronousライセンスがインストールされている。

  • ソース クラスタのすべてのノードでONTAP 9.10.1以降が実行されている。

  • ソース クラスタのすべてのノードで同じバージョンのONTAPが実行されている。

  • デスティネーション クラスタのすべてのノードで同じバージョンのONTAPが実行されている。

  • デスティネーション クラスタの有効なクラスタ バージョン(ECV)がソース クラスタと同じか、それよりも新しい場合はメジャー バージョンの差が2以内である。

  • ソース クラスタとデスティネーション クラスタで、データLIFへのアクセス用に同じIPサブネットがサポートされている。

  • ソースSVMに含まれるデータ ボリュームの数が、リリースでサポートされる最大数より少ない。

  • デスティネーションにボリュームを配置する十分なスペースがある

  • ソースSVMに暗号化されたボリュームがある場合、デスティネーションでオンボード キー マネージャが設定されている

SVMの処理

SVMの移行と競合する可能性がある以下の処理が実行中でないことを確認する必要があります。

  • フェイルオーバー処理

  • wafliron

  • フィンガープリント処理

  • ボリュームの移動、リホスト、クローニング、作成、変換、または分析

サポート機能と未サポート機能

次の表に、SVMのデータ移動でサポートされるONTAP機能と最初にサポートされたONTAPリリースを示します。

機能

最初にサポートされたリリース

コメント

自律型ランサムウェア対策

ONTAP 9.12.1

Cloud Volumes ONTAP

サポート対象外

外部キー管理ツール

ONTAP 9.11.1

FabricPool

ONTAP 9.11.1

FabricPoolのサポートの詳細については、こちらを参照してください。

ファンアウト関係(移行するソースに複数のデスティネーションを持つSnapMirrorソース ボリュームがある)

ONTAP 9.11.1

FC SAN

サポート対象外

Flash Pool

ONTAP 9.12.1

FlexCacheボリューム

サポート対象外

FlexGroup

サポート対象外

IPSecポリシー

サポート対象外

IPv6 LIF

サポート対象外

iSCI SAN

サポート対象外

ジョブ スケジュールのレプリケーション

ONTAP 9.11.1

ONTAP 9.10.1では、ジョブ スケジュールは移行時にレプリケートされないため、デスティネーションで手動で作成する必要があります。ONTAP 9.11.1以降では、ソースで使用されているジョブ スケジュールが移行時に自動的にレプリケートされます。

ロードシェアリングミラー

サポート対象外

MetroCluster SVM

サポート対象外

SVMの移行ではMetroCluster SVMの移行がサポートされていませんが、SnapMirrorの非同期レプリケーションを使用するとMetroCluster構成のSVMを移行できます。MetroCluster構成のSVMを移行する手順は、無停止で行うことができない点に注意してください。

Aggregate Encryption(AE)

サポート対象外

暗号化されていないソースから暗号化されたデスティネーションへの移行はサポートされていません。

NDMP構成

サポート対象外

Volume Encryption(VE)

ONTAP 9.10.1以降

NFSとSMBの監査ログ

ONTAP 9.13.1

SVMの移行要件は次のとおりです。

  • デスティネーション クラスタで監査ログ リダイレクトを有効にする。

  • ソースSVMからの監査ログのデスティネーション パスをデスティネーション クラスタに作成しておく。

NFS v3、NFS v4.1、NFS v4.2

ONTAP 9.10.1以降

NFS v4.0

ONTAP 9.12.1

pNFSを含むNFSv4.1

ONTAP 9.14.1

NVMe over Fabrics

サポート対象外

ソース クラスタ上のCommon Criteriaモードを有効にしたオンボード キー マネージャ(OKM)

サポート対象外

qtree

ONTAP 9.14.1

クォータ

ONTAP 9.14.1

S3

サポート対象外

SMBプロトコル

ONTAP 9.12.1

SMB移行にはシステムの停止が伴い、移行後にクライアントの更新が必要になります。

非同期SnapMirrorのCopy to Cloud関係

ONTAP 9.12.1

ONTAP 9.12.1以降では、SVMをSnapMirrorのCopy to Cloudで移行する場合、デスティネーション クラスタにCopy to Cloudライセンスがインストールされていて、クラウドにミラーリングするボリュームの容量を移動できるだけの十分な容量があることが必要です。

非同期SnapMirrorデスティネーション

ONTAP 9.12.1

非同期SnapMirrorソース

ONTAP 9.11.1

  • FlexVol SnapMirror関係では、ほとんどの場合、移行中も通常どおり転送を続行できます。

  • カットオーバー中は、実行中の転送はキャンセルされ、新しい転送は失敗します。これらは移行が完了するまで再開できません。

  • スケジュールされた転送が移行中にキャンセルされるか失敗した場合、それらの転送は移行が完了しても自動で開始されません。

    SnapMirrorソースを移行した場合、SnapMirrorの更新が実行されるまで、ONTAPではボリュームの削除が防止されません。これは、移行されたSnapMirrorソース ボリュームのSnapMirrorに関する情報が、移行後の最初の更新までONTAPに通知されないためです。

SMTape設定

サポート対象外

SnapLock

サポート対象外

SnapMirrorによるビジネス継続性

サポート対象外

SnapMirror SVMピア関係

ONTAP 9.12.1

SnapMirror SVMディザスタ リカバリー

サポート対象外

同期SnapMirror

サポート対象外

Snapshotコピー

ONTAP 9.10.1以降

Snapshotコピー ロックの改ざん防止

ONTAP 9.14.1

Snapshotコピー ロックの改ざん防止は、SnapLockとは異なります。SnapLockは、依然としてサポートされていません。

仮想IP LIF / BGP

サポート対象外

Virtual Storage Console 7.0以降

サポート対象外

VSC 7.0以降、VSCは、ONTAP Tools for VMware vSphere仮想アプライアンスに含まれています。

ボリューム クローン

サポート対象外

vStorage

サポート対象外

FabricPoolのサポート

次のプラットフォームでは、FabricPoolのボリュームでSVMの移行がサポートされます。

  • Azure NetApp Filesプラットフォーム。すべての階層化ポリシー(snapshot-only、auto、all、none)がサポートされます。

  • オンプレミス プラットフォーム。サポートされるボリューム階層化ポリシーは「none」のみです。

移行時にサポートされる操作

次の表に、移行中のSVMでサポートされるボリューム操作を、移行状態に基づいて示します。

ボリューム処理

SVMの移行状態

進行中

一時停止

カットオーバー

作成

不可

許容

サポート対象外

削除

不可

許容

サポート対象外

ファイルシステム分析の無効化

許容

許容

サポート対象外

ファイルシステム分析の有効化

不可

許容

サポート対象外

変更

許容

許容

サポート対象外

オフライン / オンライン

不可

許容

サポート対象外

移動 / リホスト

不可

許容

サポート対象外

qtreeの作成 / 変更

不可

許容

サポート対象外

クォータの作成 / 変更

不可

許容

サポート対象外

名前変更

不可

許容

サポート対象外

サイズ変更

許容

許容

サポート対象外

制限

不可

許容

サポート対象外

Snapshotコピー属性の変更

許容

許容

サポート対象外

Snapshotコピー自動削除の変更

許容

許容

サポート対象外

Snapshotコピーの作成

許容

許容

サポート対象外

Snapshotコピーの削除

許容

許容

サポート対象外

Snapshotコピーからのファイルのリストア

許容

許容

サポート対象外

次の表に、移行するSVM内でサポートされるファイル操作を、移行状態に基づいて示します。

ファイル操作

SVMの移行状態

進行中

一時停止

カットオーバー

非同期削除

不可

不可

サポート対象外

クローンの作成 / 削除 / スプリット

許容

許容

サポート対象外

コピーの変更 / 削除

不可

不可

サポート対象外

移動

不可

不可

サポート対象外

リザーブ

許容

許容

サポート対象外

Top of Page