エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

CLIを使用した停止を伴うONTAP手動アップグレード

新しいONTAPリリースにアップグレードする際にクラスタをオフラインにしてもかまわない場合は、停止を伴うアップグレード方式を使用できます。この方式では、各HAペアのストレージ フェイルオーバーを無効にして、クラスタ内の各ノードをリブートし、完了したらストレージ フェイルオーバーを再度有効にします。

  • ソフトウェア イメージをダウンロードおよびインストールする必要があります。

  • SAN環境を使用している場合は、すべてのSANクライアントをシャットダウンするか、アップグレードが完了するまで一時停止する必要があります。

    停止を伴うアップグレードの前にSANクライアントをシャットダウンまたは一時停止しないと、クライアント ファイルシステムやアプリケーションでエラーが発生し、アップグレードの完了後に手動でのリカバリーが必要になる可能性があります。

停止を伴うアップグレードでは、各HAペアのストレージ フェイルオーバーを無効にして各ノードを更新するため、ダウンタイムが必要です。ストレージ フェイルオーバーを無効にすると、各ノードはシングルノード クラスタとして動作します。したがって、そのノードに関連するシステム サービスは、システムをリブートするまで中断されます。

  1. 権限レベルをadminからadvancedに変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「y」と入力します。set -privilege advanced

    advancedのプロンプト(*>)が表示されます。

  2. 新しいONTAPソフトウェア イメージをデフォルトのイメージとして設定します。system image modify {-node * -iscurrent false} -isdefault true

    このコマンドは、拡張クエリを使用して、代替イメージとしてインストールされるターゲットのONTAPソフトウェア イメージが各ノードのデフォルトのイメージになるように変更します。

  3. 新しいONTAPソフトウェア イメージがデフォルトのイメージとして設定されたことを確認します。system image show

    次の例では、image2が新しいONTAPバージョンで、両方のノードでデフォルトのイメージとして設定されています。

    cluster1::*> system image show
                     Is      Is                Install
    Node     Image   Default Current Version    Date
    -------- ------- ------- ------- --------- -------------------
    node0
             image1  false   true    X.X.X     MM/DD/YYYY TIME
             image2  true    false   Y.Y.Y     MM/DD/YYYY TIME
    node1
             image1  false   true    X.X.X     MM/DD/YYYY TIME
             image2  true    false   Y.Y.Y     MM/DD/YYYY TIME
    4 entries were displayed.
  4. 次のいずれかの手順を実行します。

    クラスタの構成 操作

    1ノード

    次の手順に進みます。

    2ノード

    1. クラスタ ハイアベイラビリティを無効にします。cluster ha modify -configured false

      プロンプトが表示されたら、「y」と入力して続行します。

    2. HAペアのストレージ フェイルオーバーを無効にします。storage failover modify -node * -enabled false

    3ノード以上

    クラスタの各HAペアのストレージ フェイルオーバーを無効にします。storage failover modify -node * -enabled false

  5. クラスタ内のノードをリブートします。system node reboot -node nodename -ignore-quorum-warnings

    一度に複数のノードをリブートしないでください。

    ノードが新しいONTAPイメージでブートします。ONTAPログイン プロンプトが表示され、リブート プロセスが完了したことが示されます。

  6. ノードまたはノード セットが新しいONTAPイメージでリブートされたら、権限レベルをadvancedに設定します:set -privilege advanced

    続行するかどうかを尋ねられたら「y」と入力します

  7. 新しいソフトウェアが実行されていることを確認します:system node image show

    次の例では、image1が新しいONTAPバージョンで、node0で現在のバージョンとして設定されています。

    cluster1::*> system node image show
                     Is      Is                 Install
    Node     Image   Default Current Version    Date
    -------- ------- ------- ------- --------   -------------------
    node0
             image1  true    true    X.X.X       MM/DD/YYYY TIME
             image2  false   false   Y.Y.Y      MM/DD/YYYY TIME
    node1
             image1  true    false   X.X.X      MM/DD/YYYY TIME
             image2  false   true    Y.Y.Y      MM/DD/YYYY TIME
    4 entries were displayed.
  8. アップグレードが正常に完了したことを確認します。

    1. 権限レベルをadvancedに設定します。set -privilege advanced

    2. 各ノードのアップグレード ステータスが完了になっていることを確認します。system node upgrade-revert show -node nodename

      ステータスがcompleteになっている必要があります。

      ステータスがcompleteにならない場合は、すぐに富士通のサポートにお問い合わせください。

    3. admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin

  9. 追加するノードごとに、手順2~7を繰り返します。

  10. クラスタが2つ以上のノードで構成されている場合は、クラスタ内の各HAペアのストレージ フェイルオーバーを有効にします。storage failover modify -node * -enabled true

  11. クラスタが2つのノードだけで構成されている場合は、クラスタ ハイアベイラビリティを有効にします。cluster ha modify -configured true

Top of Page