エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

ブート メニューによるノード管理

ブート メニューを使用して、ノードの構成エラーの修正、管理パスワードのリセット、ドライブの初期化、ノード構成のリセット、ブート デバイスへのノード構成情報のリストアを実行できます。

HAペアでSASドライブまたはNVMeドライブ(SED、SE、FIPS)の暗号化を使用している場合は、システムを初期化(ブート オプション4または9)する前に、HAペア内のすべてのドライブに対して「FIPSドライブまたはSEDを非保護モードに戻す」の手順を実行しておく必要があります。この手順を実行しないと、将来ドライブを転用した場合にデータが失われる可能性があります。
手順
  1. システム プロンプトでsystem node rebootコマンドを使用してノードをリブートし、ブート メニューにアクセスします。

    ノードのリブート プロセスが開始されます。

  2. リブート プロセス時にブート メニューを表示するよう求められた場合、Ctrl+Cキーを押してこれを実行します。

    ノードに次のブート メニュー オプションが表示されます。 menu:

    (1) Normal Boot.
    (2) Boot without /etc/rc.
    (3) Change password.
    (4) Clean configuration and initialize all disks.
    (5) Maintenance mode boot.
    (6) Update flash from backup config.
    (7) Install new software first.
    (8) Reboot node.
    (9) Configure Advanced Drive Partitioning.
    (10) Set onboard key management recovery secrets.
    (11) Configure node for external key management.
    Selection (1-11)?

    ブート メニュー オプション[(2) Boot without /etc/rc]は廃止されており、選択しても何も実施されません。

  3. 対応する番号を入力して、次のオプションのいずれかを選択します。

    目的 選択するオプション

    通常モードでノードをブートする

    1) Normal Boot

    ノードのパスワード(「admin」アカウントのパスワードと同じ)を変更する

    2) Change Password

    ノードのドライブを初期化し、そのノードのルート ボリュームを作成する

    3) Clean configuration and initialize all disks

    このメニュー オプションを選択すると、ノードのドライブ上のすべてのデータが消去され、ノード構成が工場出荷時のデフォルトの設定にリセットされます。

    このメニュー オプションは、ノードをクラスタから削除したあと、別のクラスタに追加していない場合にのみ選択します。

    ノードに内蔵または外付けのドライブ シェルフがある場合、内蔵ドライブのルート ボリュームが初期化されます。内蔵ドライブ シェルフがない場合は、外付けドライブのルート ボリュームが初期化されます。

    初期化しようとするノードに、ルート データの分割用にパーティショニングされたドライブがある場合は、ノードを初期化する前にドライブのパーティションを解除する必要があります(「8) Configure Advanced Drive Partitioning」および「ドライブとアグリゲートの管理」を参照)。

    アグリゲート処理およびドライブ メンテナンス処理を実行し、アグリゲートおよびドライブに関する詳細情報を取得する

    4) Maintenance mode boot

    haltコマンドでメンテナンス モードを終了します。

    ノードのルート ボリュームからPC CompactFlashカードなどのブート デバイスに構成情報をリストアする

    5) Update flash from backup config

    ONTAPは、一部のノード構成情報をブート デバイスに格納します。ノードがリブートすると、ブート デバイス上の情報がノードのルート ボリュームに自動的にバックアップされます。ブート デバイスが壊れたり、交換が必要になった場合は、このメニュー オプションを使用して構成情報をノードのルート ボリュームからブート デバイスにリストアする必要があります。

    ノードに新しいソフトウェアをインストールする

    6) Install new software first

    ブート デバイス上のONTAPソフトウェアにルート ボリュームに使用するストレージ アレイのサポートが含まれない場合は、このメニュー オプションを使用して、ストレージ アレイをサポートするソフトウェアのバージョンを取得してノードにインストールします。

    このメニュー オプションは、ONTAPソフトウェアの新しいバージョンを、ルート ボリュームがインストールされていないノードにインストールするときにのみ使用します。ONTAPのアップグレードには使用しないでください。

    ノードをリブートする

    7) Reboot node

    すべてのドライブのパーティショニングを解除してドライブの所有権情報を削除する、または設定を消去してドライブ全体またはパーティショニングされたドライブでシステムを初期化する

    8) Configure Advanced Drive Partitioning

    ルート / データ パーティショニングまたはルート / データ / データ パーティショニング用に設定されたドライブ向けの追加の管理機能として、アドバンスト ドライブ パーティショニング オプションを使用できます。ブート オプション9では次のオプションを使用できます。

    (8a) Unpartition all disks and remove their ownership information.
    (8b) Clean configuration and initialize system with partitioned disks.
    (8c) Clean configuration and initialize system with whole disks.
    (8d) Reboot the node.
    (8e) Return to main boot menu.
Top of Page