エフサステクノロジーズ株式会社

本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ONTAP 9.14

to English version

ONTAP System Managerを使用したAutoSupport設定の管理

ONTAP System Managerを使用して、AutoSupportアカウントの設定を管理できます。

実行できる手順は次のとおりです。

AutoSupport設定の表示

ONTAP System Managerを使用して、AutoSupportアカウントの設定を表示できます。

手順
  1. ONTAP System Managerで、[クラスター] > [設定]を選択します。

    [AutoSupport]セクションに次の情報が表示されます。

    • ステータス

    • 転送プロトコル

    • プロキシ サーバー

    • 送信元Eメール アドレス

  2. [AutoSupport]セクションでメニュー アイコンを選択し、[その他のオプション]を選択します。

    AutoSupport接続とEメール設定に関するその他の情報が表示されます。また、メッセージの転送履歴も表示されます。

AutoSupportデータの生成と送信

ONTAP System Managerでは、AutoSupportメッセージの生成を開始して、データを収集するクラスタ ノードを選択できます。

手順
  1. ONTAP System Managerで、[クラスター] > [設定]を選択します。

  2. [AutoSupport]セクションで、メニュー アイコン を選択し、[生成と送信]を選択します。

  3. 件名を入力します。

  4. [データの収集元]の下にあるチェック ボックスをオンにして、データの収集元のノードを指定します。

AutoSupportへの接続テスト

ONTAP System Managerからテスト メッセージを送信して、AutoSupportへの接続を確認できます。

手順
  1. ONTAP System Managerで、[クラスター] > [設定]を選択します。

  2. [AutoSupport]セクションで、メニュー アイコン を選択し、[接続のテスト]を選択します。

  3. メッセージの件名を入力します。

AutoSupportの有効化または無効化

AutoSupportは、設定上の問題が発生する可能性の事前特定や、サポート ケースの迅速な解決など、富士通のお客様にビジネス上の確かなメリットを提供します。 新しいシステムでは、AutoSupportがデフォルトで有効になっています。必要に応じてONTAP System Managerを使用し、ストレージ システムの健全性を監視して通知メッセージを送信するAutoSupportの機能を無効にすることができます。 AutoSupportは、無効にしたあとで再度有効にすることができます。

タスク概要

AutoSupportを無効にする際は、富士通コールホーム システムがオフになり、次のメリットが失われることに注意してください。

  • 健全性の監視: AutoSupport はストレージ システムの健全性を監視し、当社サポートおよび社内のサポート部門に通知を送信します。

  • 自動化: AutoSupportが有効な場合、サポート ケースの報告が自動化されます。ほとんどのサポート ケースは、お客様が問題に気付く前に自動的にオープンされます。

  • 迅速な解決:AutoSupportデータを送信するシステムでは、AutoSupportデータを送信しないシステムと比較して、サポート ケースが半分の時間で解決されます。

  • アップグレードの高速化:AutoSupportが有効な場合、ONTAP System Managerのバージョン アップグレード、アドオン、更新、ファームウェア更新の自動化など、お客様のセルフサービス ワークフローが強化されます。

  • その他の機能:他のツールの一部の機能(BlueXPの一部のワークフローなど)は、AutoSupportが有効な場合にのみ機能します。

手順
  1. [クラスター] > [設定]を選択します。

  2. [AutoSupport]セクションで、メニュー アイコン を選択し、[無効化]を選択します。

  3. AutoSupportを再度有効にする場合は、[AutoSupport]セクションで、メニュー アイコン を選択し、[有効化]を選択します。

AutoSupport設定の編集

ONTAP System Managerを使用して、AutoSupportアカウントの接続とEメール設定を変更できます。

手順
  1. [クラスター] > [設定]を選択します。

  2. [AutoSupport]セクションで、メニュー アイコン を選択し[その他のオプション]を選択します。

  3. [接続]セクションまたは[Eメール]セクションで、編集アイコン を選択して目的のセクションの設定を変更します。

Top of Page